配管工の求人でもしてそうな建物でパンを作って販売するブーランジェ。

先日見た雑誌のパン特集で、一流のパリジャンのブーランジェだったのに、
騙されて契約し名前が長い間使えないという話を見て、ひどいもんだと思いました。
その方は、結局お忍び的に配管工の求人でもしてそうな建物で
パンを作って販売するしかできなくなったそうです。
しかし、お得意さんはいてなかなかの繁盛だったとのこと。
とはいえ、一般客に販売できないのでパン屋としては辛いですよね。
その騙された契約の内容が、日本での開店によるものだったそうですから、
日本人としてすこし悲しくなる記事でした。
もし、契約が正しい契約だったら、日本で本場パリのブーランジェパンが食べれたのですから、
2倍で悲しいことです。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト